• home
  • 事務所紹介
  • 所属弁護士
  • 取扱分野
  • 費用について
  • アクセス

川崎北合同法律事務所 取扱分野
HOME > 取扱分野 > 交通事故
交通事故

ko2.png

 弁護士は、依頼者を代理して、損害保険会社や加害者との示談交渉を進めます。必要に応じて、交通事故紛争処理センターでの斡旋代理、訴訟・調停手続における代理なども行います。弁護士が、このような手続において依頼者を代理することにより、迅速に適正かつ妥当な賠償金での解決が望めます。 一般的に、交通事故による損害賠償請求事件は、以下の理由から、他の事件と比較して、弁護士に依頼するメリットは大きいといえます。
  • 損害保険会社の賠償基準は、何通りもあること
 損害保険会社の賠償基準は1つではありません。自賠責保険の支払基準と任意保険の支払基準は異なりますし、損害保険会社は交渉の相手方によって支払基準を変えています。
 弁護士がご依頼を受けた場合、示談がまとまらなければ裁判所に訴えを提起するという前提で損害保険会社との交渉を行うため、損害保険会社は裁判での損害賠償を考慮して示談せざるを得ません。
 これに対して、当事者ご本人が示談交渉をした場合、損害保険会社は、裁判で認められる金額よりも大幅に少ない金額を提示してくるのが通常です。慰謝料などは裁判での基準の半分くらいの場合もありますので、弁護士に事件を依頼するメリットは大きいといえます。また、事故により重い後遺障害が残った場合など、訴訟手続によらなければ、正当な損害賠償を得ることが難しい場合も少なくありません。

  • 訴訟による解決が必要な場合も多いこと
 以上のように、弁護士が、交通事故事件のご依頼を受けた場合、まずは、損害保険会社との間での示談交渉を行って、早期に、依頼者の満足のゆく解決ができるように尽力します。しかしながら、正当な請求を行っても、損害保険会社側が譲歩しない場合は、裁判所での訴訟手続を通じて解決を図らなければなりません。訴訟手続による解決には高度な専門知識が必要となるため、弁護士に依頼されることをお勧めします。

▼ 法律相談のご予約
  • 電話番号
  • 044-931-5721
  • 予約受付時間
  • 平日 9:30-17:30
  • 費用
  • 1回 5,400円
    (30分~1時間程度)
    ※労働問題、借金問題(債務整理、過払金返還請求、自己破産、個人再生)についてのご相談は、初回無料です。
  • 法律相談の時間帯
  • ・平日9:30~17:30
    土曜日(月2回)
    ※上記時間帯以外にも個別事情により実施可能な場合があります。ご相談ください。