• home
  • 事務所紹介
  • 所属弁護士
  • 取扱分野
  • 費用について
  • アクセス

川崎北合同法律事務所 取扱分野
HOME > 取扱分野 > 相続・遺言・遺産分割
相続・遺言・遺産分割
 相続人間における遺産分割の方法には、主に、話し合いによる分割(遺産分割協議)と、裁判所での調停による分割(遺産分割調停)があります。
  • 話し合いによる分割(遺産分割協議)
 相続人全員の話し合いにより、誰が、どの財産を、どのように相続するかを合意して、決定する手続です。話し合いで決められた内容は、通常、書面(遺産分割協議書)にして、相続人全員が署名捺印します。相続による不動産の所有権移転登記手続申請を行う際には、この遺産分割協議書に相続人全員の印鑑登録証明書を添付して法務局に提出することになります。

  • 裁判所での調停による分割(遺産分割調停)
 相続人同士の話し合いでは解決することができない場合に、家庭裁判所での調停を利用する方法です。家庭裁判所では、中立的な立場にある調停委員(2名)が、当事者の個々の事情を聴き取りながら、互いの譲歩を通じて、話し合いがまとまるように手続を進めます。
 家庭裁判所での話し合いにより合意に至った場合は、調停調書が作成されますが、合意に至らない場合は、審判により判断が下されることになります。

  • その他、遺言作成や遺産分割調停成立後の相続登記申請などの依頼もお受け致しますので、ご相談ください。

▼ 法律相談のご予約
  • 電話番号
  • 044-931-5721
  • 予約受付時間
  • 平日 9:30-17:30
  • 費用
  • 1回 5,400円
    (30分~1時間程度)
    ※労働問題、借金問題(債務整理、過払金返還請求、自己破産、個人再生)についてのご相談は、初回無料です。
  • 法律相談の時間帯
  • ・平日9:30~17:30
    土曜日(月2回)
    ※上記時間帯以外にも個別事情により実施可能な場合があります。ご相談ください。